So-net無料ブログ作成

花宴(はなうたげ) あさのあつこ著 [読書感想文 A^ ^;)]

花宴 は、あさのあつこさんの時代小説です。

あさのあつこさんは、バッテリー という、野球部の高校生を描いた小説が、ドラマ化され、映画化され、とっても有名ですが、
(私も大好きでした[exclamation]
時代小説もたくさん書かれています。(18冊…2015年年初の冊数)

でも、ごめんなさい。
私は、失礼ながら、あさのあつこさんの時代小説を初めて読みました。
これも、以前の記事に記した、92才の文学少女 の友人からの推薦で、
進呈していただきました。
すごいですよね[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
彼女のたくさんの蔵書を惜しげもなく、貸していただけることになっています。^^

弥勒の月 というのが、あさのあつこさんの初めての時代小説だそうで、
えらい評判が良かったそうです。(完成度が高いとの書評)、
今度、ぜひ、読んでみたいと思っています。


ここからは、『花宴』 のネタバレ記事になりますので、
まだお読みになっていない方、
これから読もうとされている方は、
お読みになるのは止めてくださいますよう、切に切にお願いいたします。



※※※※※※※※※※※※※ ネタバレ立ち入り禁止 ※※※※※※※※※※※※※※※※※



この 花宴 というお話は、江戸時代の女性 西野紀江(きえ) が主人公です。

紀江は小太刀の達人。
師範代もできるくらいの、かなりの腕前です。
でも内面は、封建的な江戸時代の中で、ひとりの男性に初恋をし、
結婚してもなお、その人を忘れることができないような女性です[リボン]

ちょうど、『天皇の料理番』に出て、圧倒的な人気を博した『としこさん』のような、
内面の深い女性です。

私のイメージとしては、やっぱり『としこさん』やわぁ。
黒木華さん演ずる『としこさん』…です…。
黒木華さんは、ああいった心の内に熱い想いを秘めた女性を演じたら、
天下一品じゃないかしら…と思っています。

(テンカイチのラーメンが食べたくなってきました)(笑)

また、 花宴 の話に戻ります。

紀江は、三百石取りの、代々、藩の勘定奉行 を務める家柄の娘で、
母を早くに亡くし、父、西野新左衛門と仲良く暮らしています[るんるん]
母代りのメイド(メイドって言う?)(笑)おついや、他の奉公人もいます。 

父、新左衛門は、一創流の使い手であり、その弟子に 三和十之助 という若者がいました。
紀江とその若者との縁談話が持ち上がります[揺れるハート]
剣の腕はお互いに相当なもので、
そのために通じ合う気持ちを感じるふたりですが、
十之助の家にアクシデントが起こり、縁談は破談になってしまいます[失恋][がく~(落胆した顔)]

その後、紀江は、父の弟子のひとり、
藤倉勝之進という、温和でまじめな青年と結婚します[黒ハート]
一人娘に恵まれますが、その娘を3才で亡くしてしまいます。
そして父も。[もうやだ~(悲しい顔)]

そこから、勝之進との間に亀裂が入ったかのようになるのですが…
実は、それには深いわけがあり…[たらーっ(汗)]
結局は、全然ハッピーではないハッピーエンドで終わります。[がく~(落胆した顔)]

あまりに露骨なネタバレは、書くのに忍びないので書きません[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]
ごめんなさい[たらーっ(汗)]
著作権侵害になりそうで…[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

この話を、アンハッピーエンドにする意味が、私にはわかんない。
それと、随所で登場する ツバメ ですが、
私の情緒が未発達なためか
ツバメの絡みがよく分かりません[ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][ダッシュ(走り出すさま)][爆弾]


あっさりと、しみじみ心に沁みるお話を著すあさのあつこさんですが、
この 花宴 では、私は少々物足りなさを感じました。

先日、読んだ 宇江佐 真理さんの銀の雨 のほうが、
私には向いていたように思います[ひらめき]
勧めてくださった友人も仰っていました。
「銀の雨のほうが完成度は高いけれど…」


冒頭にも記しました通り、
私は、今まで、時代小説の類はあまり読みませんでした。

でも、あの92才の友人に勧められて正解でした。
新たな境地を踏みしめた気がします[るんるん][ぴかぴか(新しい)]
だって、おもしろいんですもの[黒ハート]

江戸時代って、ドラマや映画で見ているから、
思った以上に、結構、親しみやすいんですね[ひらめき]

今は、時代小説は、もう1冊、
小早川涼著 料理番子守り唄 という本を読んでいます。
これも、92才の彼女の選。

嬉しいナ、こんなに年齢の離れた友人ができるなんて。
本を読む楽しみが、倍増した気がします。

小早川涼著 料理番子守り唄 も、
読めたら、また拙い読書感想文を記します(笑)
あいすみませぬ・・・ m(_ _)m


最後までおつき合いくださってありがとうございました  m(_ _)m
 
単行本  

花宴

花宴

  • 作者: あさのあつこ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/07/06
  • メディア: 単行本



文庫本

花宴 (朝日文庫)

花宴 (朝日文庫)

  • 作者: あさのあつこ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/01/07
  • メディア: 文庫



nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 8

miya_syou

92歳のご友人ですか、素敵ですね!
ほんとに本を読まれる方って、お話が面白いですよね。色んな引き出しを持ってらっしゃいます[ぴかぴか(新しい)]
by miya_syou (2015-10-02 18:37) 

のらん

92歳の文学少女さま♪ 私もお話してみたいです(^^)
by のらん (2015-10-03 16:13) 

marilyn

miya_syouさま

コメント、ありがとうございます♪
92才の友人はステキな方です。
いつもお会いすると、姿勢を正したくなります A^ ^;)
by marilyn (2015-10-03 23:26) 

marilyn

のらんさま

コメント、ありがとうございます♪
彼女と本の話題になると、話が尽きません。(^m^)
by marilyn (2015-10-03 23:28) 

marilyn

miya_syouさん、ゆきちさん、猫爺さん、ミラジョボチッチさん、enosanさん、ぽちの輔さん、yumiさん、ひろたんさん、Ujiki.oOさん、ribonribonさん、ちぃさん、okin-02さん、のらんさん、あんれにさん、まるたろうさん、

ご訪問とナイス、ありがとうございます♪ m(_ _)m
by marilyn (2015-10-03 23:34) 

mimimomo

時代小説に嵌っている一人(^-^
ただ何故だか女性が書いたものは物足りない・・・(恋愛小説的なものが嫌いからかな)
池波正太郎、稲葉稔、佐伯泰秀・・・などなど^^
一日に2冊くらいのペースで読んでいるかも
by mimimomo (2015-10-04 06:22) 

marilyn

mimimomoさん

ご訪問とコメント、ありがとうございます^o^
池波正太郎さんは、ほんとうに美味しそうな食べ物を書かれますよね(話が違う?)
1日2冊はすごいですねー!
by marilyn (2015-10-04 22:24) 

marilyn

シネラアオイさん、mimimomoさん、ネオ・アッキーさん

ご訪問とナイス、ありがとうございます^o^
by marilyn (2015-10-04 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0