So-net無料ブログ作成

父とセラピー犬 [父のこと(脳卒中の後遺症・高次脳機能障害)]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]
まりりんです。



最近、父のことを記事にしていません。

ずっと体調が悪いからです。


父は、二度の脳梗塞の後は、
リハビリをガンバッて、俗世に復帰しましたが、
その直後に、大きな脳出血を起こしてしまい、
ほぼ全身麻痺となってしまいました。

食べることもできず、
動くこともできず、
構音障害で声も出すこともできません。


昨年の夏、
『廃血症性ショック』 と 『肺炎』 等を 多く併発し、
「1週間もたないでしょう」
と言われ、
それでも、奇跡的に持ち直しました。

そうして、
今年の1月には、
高校時代の野球部のOB会の方々が、
わざわざ横浜からお見舞いに駆けつけてきてくださって、
ほんとうに、感涙の感動的な面会も果たしました。


冬の間、
しばらくは元気になり、
コミュニケーションもとれるようになりました。

麻痺した左足も、
ほんの少しですが動くようになりました。
時折ですが、声らしきものも出ることがあります。


でも、
『廃血症』 が治ったわけではありません。
日々、見る間に体力は落ちていき、
手足もやせ細っていっています。


冬の間、少しだけ体調がよかったときには、
右手は、2度の梗塞の後遺症がありますが、
毛筆が得意なので、
筆ペンを使って字を書く練習まで始めました。

その矢先、
また、肺炎を起こしました。

もう、免疫機能が最低限まで落ちてしまっています。


高熱が続きましたが、
でも、実際のところ、
どれが原因の発熱かわからないくらい、
たくさんの原因を その体内に抱え、
とりわけ、廃血症というものは、
体の免疫力よりも、体の中のバイ菌の方が勝っている状態なので、
なんとも、あぶない日々を過ごしています。


脳卒中(脳梗塞・脳出血)をされた方は、
季節の変わり目と、
低気圧がこたえると言われています。


世間が桜に浮き立つ時期の前後は、
ちょうど季節の変わり目で、
しかも低気圧がうようよしていて、
雨が多い日々が続きます。

季節の変わり目という時期、
脳に重度の後遺症を持つ父は、
意識が朦朧とし、
高熱を出し、
生死の境を彷徨い続けます。


「桜の花を、フクちゃんと見に行こうね」
昨年も約束していたのですが・・・

やはり、桜はムリなんですよね。
秋の紅葉も、ムリなんですよね・・・。


今も、少し、
持ち直してきています。


5月の中旬くらいはすこし元気になり、
今度は、5月末ごろから、
また様態が悪くなる、はず・・・。

梅雨に入るからです。


そうこうしているうちに、
だんだんと弱ってきています。

寝込んでいるうちに、
ついに
右手の機能も失ってしまいました。

指も手も、
自由が利きません。


終末期医療の書類にサインもしました。

FullSizeRender.jpg

無理な治療はしなくていいから、
苦痛だけは和らげて欲しいと・・・


私もそのうち通る道、です。
私も例外ではありませんもの。


容態が何度も何度も危険になって、
その度に落ち込んだり、
ハラハラしたりするけれど、
その間に、
だんだん覚悟ができてきたように思います・・・。



先日は、ハーゲンダッツのアイスクリーム抹茶味を、
4分の1くらい、
長い長い時間をかけて食べました。

こぼれてしまったものも多かったけど、
とても美味しそうに食べてくれました。

私は、
いつ逝ってしまうか分からない父に
アイスクリームを ひとさじ、ひとさじ、運びながら幸せでした。

誤嚥が怖いので、少しずつ、ゆっくり食べてもらいました。

「まだ食べる?」
と言うと、
かすかにうなづきます。

ひとさじ、ひとさじ、
父の、不自由な口に運びました。

4分の1くらい食べると、
食べることに疲れてしまい、
意識が朦朧としてきました。

動けず、
話せず、
食べれず・・・

せめて、アイスクリームくらい、
食べさせてあげたいですものね。

ハーゲンダッツの抹茶味に感謝です[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


冷たくて甘くて、
口の中でトロリととろけるアイスクリームは、
嚥下障害があっても食べやすいそうです。


また、そういうことを奨励してくださる病院で、幸せです。



そして、また、先日、
ふくちんが父の面会に行ってくれました[るんるん]


(写真がありません[あせあせ(飛び散る汗)]

ふくちんは、おじいちゃんが大好きなので、
ひざに飛び乗りましたが、
おじいちゃんは、ふくちんを撫でることができません。

不自由な右手を動かそうとしますが、
思ったように動きません。

ふくちんに何度もゲンコツがあたったり、
ふくちんの首を絞めそうになったり、
ふくちんのカボソイ足をつかんでしまったり・・・

ハラハラしっぱなしでしたが、
父も、ふくちんをさわろうと必死でした。

ふくちんは大好きなおじいちゃんの異変に気が付いていて、
父の膝の上で、
よく我慢してくれました。

おじいちゃんの不自由な手の動きに
じっと耐え続けてくれていました。

緊張して、
目に涙がいっぱいたまっていました。

40分くらい格闘して、
父は、やっと右手の指を
少し伸ばして、
ふくちんをさわれるようになりました。

でも、思うように指は広がりませんし、
思ったところに
力を入れることができません。
そして、
力を入れようとしていないところに力が入ります・・・

40分も、
ふくちんをさわりたくて、
父は頑張りました。

その、ふわふわの毛並みを触れるようになったころには、
父は、もう疲れ果てていました・・・


ふくちんも頑張りました[exclamation]




どこまで、どうすればいいのか分かりませんが、
せめて、
意思の伝達ができるように、
また、
ペンを持つことができるように、
私が面会にいったときには、
父の右手の指をマッサージしていきたいと思っています。


意思の伝達ができないなんて、
あまりにもむごいですもの。




今日は、久々に父の話題でした。






今日の1枚の写真は、
楽しい写真にしました[揺れるハート]

私がめちゃめちゃ&サイコーに気に入ってる写真です[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]

favorite2.JPG

この子、
自分のこと、絶対に人間だと思ってるでしょ[exclamation&question]
お友達と同じように思ってるでしょ[exclamation&question]
もう可愛くって、可愛くって、
大好きな大好きな写真です[揺れるハート]


最後までお読みくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m









nice!(49)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 49

コメント 29

ルディパパ

ふくちん、お父さんを元気づけたかな?
ボクは娘二人の父ですが、まりりんさんのようにしてもらったら嬉しいだろうな~!
父としては、娘が元気で幸せなのが1番!それが一番の薬です。男として、父としてはそう思います。生意気でごめんなさい!
by ルディパパ (2016-05-04 01:10) 

yumi

今日は大阪へ帰ってきている息子と母の入院している
病院へ行きます。一緒に住んでくれている妹は、母を
取り込んで、もう数年従姉妹も孫、曾孫、誰とも会わせ
ないのです。今回の入院もインフルだと嘘を言って、
手術、入院も内緒にしていました。精神疾患持ちなので
何をどう考えているのか理解は難しいです。
毎日、昼間妹がつきっきりなので、夕方会わないように、
行く訳ですが、情けない話です。
なぜ、こんな事をするのか聞きたいけど、発狂されても
母に影響があるからね。
大変な時に、こんな事言ってごめんね。
心おきなくお父さんと一緒の時間を持ってあげて下さい。
by yumi (2016-05-04 04:23) 

ゲンママ

まりりんさんの文章表現力は凄いので
お父様の様子、まりりんさんの気持ち。。
手に取るように伝わって来ました。
お父様が一日でも長く命を全うされますように。。
ふくちんにも会えて本当に良かったです。
by ゲンママ (2016-05-04 06:13) 

旅爺さん

お父様がお気の毒です、出来るだけ労わってあげて下さいね。
by 旅爺さん (2016-05-04 06:31) 

ナビパ

ふくちゃんがセラピー犬として存在そのものがもう癒しですよね。
介護は本当に大変だと思います。まりりんさんうまく息抜きしながら頑張ってください。m(_ _)m
by ナビパ (2016-05-04 07:49) 

てんてん

悲しいです。
お父様は、まりりんさんの気持ちもふくちんの気持ちも分かっておられると思います。
そしてとっても喜んでおられると思います。
by てんてん (2016-05-04 08:54) 

yakko

お早うございます。
何とお言葉をかけて良いのか見つかりませんが
まりりんさんとふくちんには心から感謝しておられることと思います。

by yakko (2016-05-04 09:12) 

makkun

まりりんさん!
気分・気持ちが大変な時にコメントをありがとうございました~
無理だけはなさらないで下さいね~
終末期医療の書類へのサインは
身を切られる思いだったと思います・・
私も母親の27年間に渡る入院生活の間、
好きだったプリンを持って一週間おきに1時間半掛けて
病院へ行き気持ちを込めて食べさせて上げていました。
最後の日は泊まり掛けで看病に行った翌朝でした。
まりりんさんの文面を一文字一文字確認しながら
読ませて戴きました・・・
私も今月の13日は脳出血で倒れてから9周年になりますので
他人毎とは思わずに読みましたです。
お父様の体調の様子を見計らいながら
ふくちんを見せにまた行って上げられると良いですね~



by makkun (2016-05-04 15:47) 

ゆきち

父が5年間自宅で寝たきりでした。
浮き沈みはあるものの、少しずつ弱っていく様子を見ているしかなかったです。
ウチの父はプリンが好きでした。
ふくちんに会えてよかったですね。

by ゆきち (2016-05-04 19:30) 

まりりん

ルディパパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
生意気だなんて、そんな!! (*^ ^*)
暖かいお言葉、感謝します。
親の気持ち、私も同じですよ^^
父は、私より孫3人が生きがいのようです(笑)
家にいる娘、息子Bもよく父を見舞ってくれます。
有難いと思っています (*^ ^*)
by まりりん (2016-05-04 22:05) 

まりりん

yumiさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
あぁ、yumiさま、
私の母と弟も『変!』ですので、
yumiさまのお気持ち、とてもよく分かります。
父は脳出血の後、リハビリ病院でリハビリ頑張って、
「娘(私)の家の近くの施設に移りたい」と言うてたのに
母と弟が強引に実家に連れ帰ってしまいました。
そこで、半年間、誰にも会わせず放置。
父がリハビリで回復した機能はすべて失われてしまいました。
そして今に至ります。
家族として、苦虫を億匹、噛み殺した思いが胸にあります。
お母様、回復なさいますようにお祈りしております。
by まりりん (2016-05-04 22:16) 

まりりん

ゲンママさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
暖かいお言葉をいただいて感謝します。
父がおだやかに天寿を全うできるよう、
そばで支えて生きたいと思っています。
私は、子ども達に支えてもらっています^^
ありがとうございます♪
by まりりん (2016-05-04 22:18) 

まりりん

旅爺さんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
父を見ていると、父が哀れ過ぎて、ほんとうに苦しいし、辛くてたまりません。
でも、そんな甘っちょろいことは言っていられません。
私が支えなければ!
父の残りの人生をしっかり支えていくつもりです。
by まりりん (2016-05-04 22:21) 

まりりん

ナビパさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
父を見ているだけでも辛いのですが、
私には子ども達とふくちんが付いててくれています♪
今日は娘と一緒に父に面会に行きました。
1時間ほど、麻痺した身体をマッサージしたら、とても喜んでくれました。
私は、ふくちんを抱いてうとうと仮眠を取りました。
ふくちんが私達の最高の癒しです。
ふくちんも自覚しているようです。
わんこって健気・・・T T
by まりりん (2016-05-04 22:24) 

まりりん

てんてんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ほんと、悲しいですよ。
昔あった「ジョニーは戦場へ行った」という映画を思い出します。
父を見ていると胸をかきむしられます。
面会に行くと、父はいつも感謝の意をこめて、不自由な手で握手をしようとします。
私は「ありがとう」って笑顔で父の手を握ります。
by まりりん (2016-05-04 22:27) 

まりりん

yakkoさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
それと、お気遣いいただいたお言葉を、ありがとうございます♪
父は大の犬好きなので、ふくちんと会うことが、
とても励みにもなるし、癒しにもなっていると思います。
父の体調を考慮しながら、できるだけ、会わせてあげるつもりです^^
by まりりん (2016-05-04 22:30) 

まりりん

makkunさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
makkunさまは、脳出血からもう9年になられるのですね。
ほんとうに素晴らしいことと思います。
これからもCoCoたんとお元気でいらしてくださいませね。
お母様のこと、大変でしたね。
私もプリンが好きなので、お母様のお気持ちが分かります。

終末期医療のサインには、私は動揺はしませんでした。
3年前からずっと同じことを言われ続けてきましたし、
入院する度に、ドクターから同じことの説明を何度も受けています。

人並み以上に元気だった父が、お世話される立場になるなんて、
本人も私達も考えたことはなかったです。
人生って分からないものですね。
by まりりん (2016-05-04 22:36) 

まりりん

ゆきちさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ゆきちさまも、介護の経験がおありなのですものね。
お父様はプリンがお好きでしたか。
私の父は、ビールとステーキが大好物(笑)
さすがにそれは食べさせてあげられなくって、
抹茶アイスにしました。
やっぱり、弱っていくのを見守るしかありませんね。
とても辛くて苦しいけど、それが見送る者の務めなのでしょうね・・・
by まりりん (2016-05-04 22:41) 

asukamama

無理な治療はしなくていいから、
苦痛だけは和らげて欲しい。
私自身の事だとしても、そうして欲しいですから・・・。

ふくちんは色んなこと、ちゃ~んとわかっているんでしょうね。
お父様、癒されたと思います。

←ジャスミン、とっても綺麗ですね。香ってきそうです‐☆
by asukamama (2016-05-05 00:33) 

向日葵

拙ブログに書き込みありがとうございました。
まりりんさんもこんなに大変な時なのに。。

父はもう24年も前に逝ってしまいましたが、
ある日突然倒れて(小脳出血)そのまま約1年半、
意志の疎通も出来ないまま、全身チューブに繋がれて、
ただただ苦しそうな呼吸だけを繰り返していました。

母を始め、残された遺族一同、「延命」だけはしたくないと
その折に固く誓い合いました。

少しでも苦痛なく、ふくちんのような癒しに守られて、
まりりんさんの手厚い看護も受けられて。。
ただただ穏やかな日々をお過ごしくださいますよう。。
by 向日葵 (2016-05-05 03:10) 

よしころん

お父様の気持ち、ふくちんにも伝わったのでしょうね・・・
ふくちん、えらい!
まりりんさんもくれぐれも無理のないように。
いつか自分も通る道・・・
「死」について偽りなく教えてくれるのはやはり家族なのですよね。
by よしころん (2016-05-05 09:05) 

みぃにゃん

お父様大変ですね。きっとお父様自身がいままで簡単に出来ていたのにと苛立ちもあるなかで必死でふくちんちゃんを撫でたい一心でがんばられているのが胸が熱くなりました。色々大変かとは思いますがどういう形であれ皆が通る道です。いかに楽にしてあげるかが家族の使命と思います。
by みぃにゃん (2016-05-05 09:29) 

まりりん

asukamamaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ふくちん、私が考えてたよりも、もっともっと分かっているみたいです。
賢い~ヽ(=´▽`=)ノ (笑)
父の容態をみながら何度もふくちんにはガンバッてもらうつもりです。
父はね、ふくちんには、とてもとても甘かったのですよ~。
「こんなに可愛いのに躾なんていいじゃないか」
とでも言いたげな可愛がり様でした。

無理な治療は要らないから、苦しいのだけはイヤですものね。
私も同じです。^^;
by まりりん (2016-05-06 00:22) 

まりりん

向日葵さま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
向日葵さまも、お父様を見送った御経験がおありだったのですね。
>意思の疎通もできないままチューブで繋がれて・・・
今の父も似たような状況です。
右手のマッサージ、ガンバります。
穏やかに過ごしてほしい。それだけです。
私は、自分の延命治療は要らないと、
具体的に記した遺書を作成しました。
by まりりん (2016-05-06 00:27) 

まりりん

よしころんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
そうなんです、父の気持ちは、ふくちんに伝わってたんです。
わんこって(にゃんこも)すごいですね。
涙をいっぱいためたふくちんに感動してしまいました。
『死について』教えてくれるのは、『生について』も教えてくれているのだと、父を見ていて思います。
私だけでなく、今は20代の子ども達も、父の生き様を見ています。
by まりりん (2016-05-06 00:31) 

まりりん

みぃにゃんさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
ゴルフ、カメラ、釣り、囲碁、将棋、野球、コーラスの指揮、外国語、自治会・・・
なんでも極める人でした。
人並み以上に体力があって、人並み以上に元気でした。
それが幸いしているのか災いしているのかも分かりませんが、
生きていてこそ!と思っているので、
もう、充分に頑張った父ですが、出来るだけ苦痛は少なく、天寿を全うしてもらいたいと思っています。
by まりりん (2016-05-06 00:38) 

saia

昨日、義父のお見舞いに行ったばかりだったこともあり、その容態の様子があまりにも似ていて、涙が出てしまいました。
義父も肺炎を起こしてしまい、現在その治療中です。
胃ろうでしか栄養を取れないせいか痩せてしまい、手の指先も硬直して動かすことが困難です。
まりりんさん辛いですね。
でもお父さまの気持ちを分かって差し上げられるのは、今まりりんさんしかいないと思います。
まりりんさんのお父さまの回復を奇跡を心から祈っております。

by saia (2016-05-06 01:03) 

まりりん

saiaさま

ご訪問、NICE、コメントをいただいて、
ありがとうございます♪ m(_ _)m
お義父さまのお見舞いに行かれたばかりなら、
ちょっと辛いお話でしたね。
ごめんなさいね。
胃ろうは、栄養が取れて肌なんて私よりきれいでしたけど、
だんだん吸収する力が落ちてくるようです。
意識がしっかりしているだけに、動けない、話せないのが、
見ていても辛くてたまりません。
>お父さまの気持ちを分かって差し上げられるのは、今まりりんさんしかいない
この言葉に勇気づけられました。
ありがとうございます。
先は長くはないようです。
心残りがないように父に寄り添っていきたいと思います。
父は孫の行く末を・・・
ひ孫の誕生を見たくて頑張っているのですが・・・
孫娘(私の娘)のウエディングドレス姿、見せてあげたいですケド、
こればっかりは・・A^ ^;)

by まりりん (2016-05-06 19:21) 

まりりん

皆さま、いつもご訪問とナイスをいただいて感謝しております。
ありがとうございますm(_ _)m
by まりりん (2016-05-12 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0