So-net無料ブログ作成

さくらの木 [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

sakura - コピー.jpg

この寒空に
さくらの木

春にはきれいな花なれど
花のふぶきのお掃除や
夏の毛虫のいやらしさ

秋には落ち葉をかき集め
たき火ができるはずもなく

手入れがとてもたいへんで
見せて頂くだけでごめんなさいと
今まで思っておりました

春だけの木
春以外はわずらわしい木

なぜか そう信じ込んでいたのです

でも冬木立の凛々しさに
この冬 初めて 虚を衝かれ
あらためて春の姿を思い浮かべる

何も晴れやかなだけが美しいのではなく
虫を恐れながらも
若葉を抜ける木もれびに目を細め
せみしぐれの夏には
木陰の風にひと息ついて
秋は
虫に齧られた落葉の
まだらに色づく彩が愛らしく思えたり

そして、今の凛々しさと

いつも その姿で
生きることを楽しませてくれてるんやと
今日は手を合わせて
さくらの木にありがとうを言いました[ぴかぴか(新しい)]




私もおとなになったもんやわぁ[わーい(嬉しい顔)](笑)

最後までお読みくださって、ありがとうございます[るんるん] m(_ _)m







nice!(45)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感