So-net無料ブログ作成

父のそばで詠む詩 [古ひつじの詩(川柳・狂歌・詩・散文など)]

ある人の記事で、
2013年の麻生さんの発言を思い出しました。

「いいかげん死にてえなと思っても生きられますから」

まさか、あの年に父が倒れるなんて考えてもみなかったので、
普通に、
「ほんまに、クチの悪い人やわぁ。
 言いたいことは分かるけど、
 ええ年した大人やから、言いかたってもんがあるでしょうに。
 ・・・ったく・・・」
なぁんて思ってました[たらーっ(汗)]




父のそばで詠んだうたです。
またまた、川柳か、な、?
ノートに書き溜めてある分です。



父の目は
さえずり聞こえぬガラス越し
風駆け廻る
冬空見つめて



格子無き
牢獄だとか思わずに
繋ぐ望みを
繋ぐ糸探り



病室に
入った途端に
胸詰まる
声を失くして
生死も選べぬ



大根の
如きに並ぶ
繋がれし人  (たくさんの管で・・・)
終の棲家か?
療養病棟



どうやって
救い出せばいいのかと
無い知恵絞って
地団太踏みつつ



年月が
経ってみないと
分からんよ
幸は仇なり
不幸は幸なり



人生の
旅に病みしは母弟
身体を病みしは
丈夫な父かと



ただ耐えて
耐えて忍んで
生つなぐ
父が何した
なんでこうなる



耐え忍び
その向こうに待つ
安らかな
死への想いが
希望になるのか?



動けずに
ベッドの柵を触ってる
残った感触
確かめるように



せめてもの
娘の願いは
夢の中
父が自由に
駆けてくれれば



父のいく
道は濃霧で見えねども
手を離さずに
支え続ける



我が身のみ
集中するのを避けるため
敢えて心配
させてみるなり



あの頃の
元気な父に
もう一度
会えたらたくさん
注意してやる



因と縁
あるわけないと
父見れば
苦痛に固まる
顔の筋肉



生きること
そは希望ではなかったか?
死ぬること
そは闇ではなかったか?
父を見てると
逆にも思える



お父さん
付けたあだ名は
ウォーキング修身
ぐうの音も出ぬ
正義論 聞きたい



よぉ耐えてる
よぉ頑張ってると
誉めそやす
悲しく微笑む
寝たきりの勇姿




生きている人が必ず迎える『死』という現実です。
ちょっと暗くてごめんなさい。


父は犬が大好きで、
元気なときに父に抱かれ、
そのまま寝てしまった、ふくちんの寝顔[揺れるハート]
(父は嬉しさいっぱいの顔で、ふくちんが目覚めるまでじぃーっとしていました)
titinidakarete.JPG



話題を、ちょと変えまして・・・

JRの駅の広告の張り替えを 初めて見ました。
koukoku.jpg

瀬戸内の海[ぴかぴか(新しい)]
uni1.JPG
uni2.JPG
『千と千尋』 の海を走る電車の中から、です^^


最後までお付き合いくださってありがとうございます♪ m(_ _)m