So-net無料ブログ作成

世界がもし100人の村だったら [読書感想文 A^ ^;)]


世界がもし100人の村だったら 2 100人の村の現状報告

世界がもし100人の村だったら 2 100人の村の現状報告

  • 作者: 池田 香代子
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2002/06/13
  • メディア: 単行本


本棚を整理していたら、この本が出てきました。

2001年に、この本が出たとき、
こんな考えの本に出会えたのが、嬉しかったデス・・・[黒ハート]

だって、それまでに、
こういうスタンスの本ってなかったと思いますもの・・・[るんるん]


この本は、グローバルな視点を子どもたちに持ってほしいと思い、
購入したものです。
なつかしーなー[黒ハート]


この本に書いてある内容が広まったきっかけは、
アメリカ・イリノイ州出身の環境科学を専門とする ドネラ・メドウス教授 が、
1990年に、 「村の現状報告」 というものを発表したことです。
それが、この本の元ネタになっています[ひらめき]

[犬] ドネラ・メドウス教授 は、2001年に亡くなられています )

彼は、1985年に、新聞にコラムを書き始めましたが、
それが、グローバルシチズン という本にまとめられました。

そこに、載せられなかった1篇のエッセイが、世界中に広まったと言われています。[黒ハート]

ドネラ・メドウス教授のエッセイでは、 世界をひとつの村 にたとえ、
人種、経済状態、政治体制、宗教などの差異に関する 比率はそのまま に、
人口だけを1,000人に 縮小しました。

これがネットを介して伝えられていくうちに、
人口が100人となり、
部分的に削除されたり、加筆されたりして、
今の 『 世界がもし100人の村だったら 』 という本ができあがったと言われています。

ネットの副産物ですね。


今、読み直しても、 「ほぉ・・・[exclamation]」 と思うので、
ここに抜粋してみようと思います[ひらめき]


世界には63億人の人がいますが(当時)、
[犬] 現在は、約73億人[exclamation×2]

もしも、それを
100人の村に縮めるとどうなるでしょう・・・?

100人のうち、
52人が女性です
48人が男性です

[犬] 女性の方が多いワケですね[あせあせ(飛び散る汗)]

90人が異性愛者で、
10人が同性愛者です
[犬] へぇ[exclamation] 10%もの人が同性愛者なんやー[exclamation]
[犬] そんなに多いと思っていませんでした[たらーっ(汗)]
[犬] そりゃあ、社会問題になりますよね[あせあせ(飛び散る汗)]

70人が有色人種で、
30人が白人です
[犬] 白人はたった3割程度なのね・・・[たらーっ(汗)]

33人がキリスト教
19人がイスラム教
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています
5人は、木や石など、すべての自然に霊魂があると信じています

いろいろな人がいる
この村では
あなたとは違う人を
理解すること
相手をあるがままに
受け入れること
そしてなにより
そういうことを知ることが
とても大切です


村に住む人々の100人のうち
20人は栄養がじゅうぶんではなく
1人は 死にそうです
[犬] 今は死にそうな人が増えているかもしれません・・・[たらーっ(汗)]

でも、15人は太り過ぎです[exclamation×2]


すべての富のうち
6人が50%をもっていて
みんなアメリカ合衆国の人です[あせあせ(飛び散る汗)] [爆弾]
74人が39%を
20人が、たったの2%を
分けあって暮らしています


すべてのエネルギーのうち
20人が80%を使ってしまい
80人が残りの20%を分けあっています


75人は食べ物のたくわえがあり
雨露をしのぐところがあります
でも、あとの25人は
そうではありません
17人は、きれいで安全な水を飲めません


銀行に預金があり
財布にお金があり
家のどこかに小銭が転がっている人は
いちばん豊かな8人のうちの1人です[exclamation]


自分の車を持っている人は
7人のうちの1人です

[犬] 「冷蔵庫を開けて、食べ物が入っているなら、それは貧困とは言わない」という海外の話をTVで聞いたことがあります)
[犬] 平和ボケしていると言われる私たちは、ほんとうに恵まれているのですね[たらーっ(汗)]


100人の村人のうち
1人が大学の教育を受け、
2人がコンピューターをもっています
けれど、14人は文字が読めません


信仰や信条、良心に従って
行動したり、発言ができない人は48人。
その人たちは、いやがらせや不当逮捕や拷問や死を恐れながら生きています。


空爆や襲撃や地雷による殺戮や、
武装集団のレイプや拉致におびえる人は
20人います。
[犬] 今はもっと増えているかもしれません[たらーっ(汗)]


もしも
たくさんのわたしたちが
この村を愛することを知ったら
まだ間にあいます
人びとを引き裂いている非道な力から
この村を救えます
きっと



まだ、この本は活きていますよね[るんるん]


※ 本の通りではなく、分かりやすいように、私なりの英訳を加えています・・・



世界では、1年に約6千万人が亡くなり、1億3千万人が産まれています。
人口は毎年、7千万人ずつ増えていることになります。

この本が出たとき、
私は子供たちの将来に、食糧危機や大気汚染が来るのだと思い、
とても心を痛めたものでした。

人口の増加による貧富の拡大や、
石油がなくなってきていること、
森が失われ、生態系や土、
酸素が減って、大気が浄化されないこと、など、
問題は山積みのままです。

地上の森林の4分の3以上は、既に失われてしまいました。

病院、医師、看護師や、教育環境も不足しています・・・
この本が発行されたころから、
何が変わったっていうのでしょう。

喉もと過ぎればすぐに忘れる国民 だとよく言われますが・・・
最近の脅威なる国々に気をとられている間に、
環境問題なんて、すっかりアッチの方へいってしまってました・・・[ダッシュ(走り出すさま)]


孫子の代まで、健やかに、穏やかに暮らせるように、
今、私たちが、ひとつひとつ、真剣に考えなければならないのだと思っています。

久しぶりに引っぱり出した本が、
大切なことを思い出させてくれました[るんるん]

夕暮れに、この小さな古い本を膝に置いたまま、
考え込んでしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]



最後までお読みくださってありがとうございます[るんるん] m(_ _)m